top of page

なんでこんなに高い!?我が家の電気代


こんにちは、メキシコでの暮らしに慣れてきましたか?今日はメキシコ在住の私たち日本人にとって切実な話題、「電気料金」についてお話ししましょう。メキシコは地域によって電気料金が異なり、日本人のみなさまが居住するエリアは高級住宅街であることが多く、レートが高い可能性があります。知らず知らずのうちに高額な請求になっていてびっくり!!と頭を悩ませることも少なくありません。特に私たち日本人は、エアコンや部屋の電気を長時間使用する傾向があるため、注意が必要です。



### 電気料金が地域によって異なる理由

メキシコでは、気候や経済状況などに合わせて電気料金が設定されています。暑い地域ではエアコンの使用が多くなるため、料金が低めに設定されていることがあります。しかし、その逆で冷涼な地域では料金が高くなることも。ですから、どの地域に住んでいるかによって、節約の方法も変わってくるのです。


### 電気代が高くなる原因

日本と比較すると、メキシコではエアコンや照明などの電気製品の効率が低いことが多いです。また、部屋を出るときの電気の消し忘れや、エアコンをつけっぱなしにすることは電気代を急激に上げる原因となります。さらに、メキシコでは電気の使用量が一定量を超えると料金が跳ね上がる「高額請求」の仕組みがあります。これを「DAC(Doméstico de Alto Consumo)」と言います。


### 節約のポイント

1. エアコンの使用を控えられる住居選びが超重要!

エアコンは非常に電力を消費します。メキシコの住居は見た目重視で作られていることも多く、不動産屋さんからおすすめされて契約した結果、夏は灼熱地獄。冬は寒くてたまらない、という住居はたくさんあります。メキシコ人は日本人ほど暑さ、寒さに敏感ではなく、彼らに夏はどうか、冬はどうか?と聞いても「大丈夫!」という答えしか返ってきません。

西日が当たる部屋、窓が少ない間取りの部屋は高温になる可能性が高いので不動産業者さんの言うこと、オーナーの言うことを鵜呑みにせず、専門業者などにしっかり確認してもらいましょう。この選択を誤ると大きな出費が待っている可能性があります。

いずれにしてもエアコンは必要以上に低い温度に設定せず、部屋を適切に断熱することで使用量を抑えましょう。


2. 電気製品はこまめにオフ

使用していない電気製品はこまめに切りましょう。特に外出時や就寝時は忘れずに。日本人は使わない部屋でも「暗く感じるから」「面倒だから」と明るい朝でも電気をつけたりしますが、メキシコの方は日中はほとんど電気をつけません。そこでチリも積もれば、、、で1ヶ月経つと大きな差になってきます。


3. 省エネ製品を利用する

節電効果の高いLED電球や省エネタイプの家電製品を利用することで、長期的な節約につながります。メキシコにもLEDの電球は売っていますので、オーナーさんに相談しましょう。相談するタイミングは最初の契約の時、または契約更新時です。契約が始まってからだとなかなか対応してくれないこともあるのでタイミングを外さないように!


4. 定期的な使用量チェック

毎月の電気の使用量と料金を確認し、予期せぬ高額請求を避けましょう。あまりに高額な請求が続く場合は、オーナーに相談してみて下さい。


### まとめ

メキシコで快適な生活を送るためにも、電気料金への意識は非常に重要です。節約は日々の小さな心掛けから始まります。今回ご紹介したポイントを実践して、賢く節電生活を送りましょう。

最後に、もし電気代が心配な方や、具体的な節約方法をもっと知りたい方は、地域の電力会社や経験者に相談してみるのも一つの手です。もしお困りの場合は弊社にもご相談いただいて結構です!





お互いに情報交換をしながら、メキシコ生活を楽しみましょう!


それでは、また次回のブログでお会いしましょう。¡Hasta luego!

閲覧数:55回0件のコメント

Comments


bottom of page