top of page

CDMX環境緊急事態:2024年2月の状況

2024年2月、メキシコシティとその周辺地域では、大気汚染レベルが非常に高い状態になりました。このため、メキシコの環境保護庁によりHoy No Circula(今日は運転禁止)プログラムが発動されています。これは、特定の車両の運転を制限し、空気の質を改善するための措置です。


車両の運転制限について

  • 検査ステッカー2の私用車

  • 検査ステッカー1でナンバープレートの最後が0, 2, 4, 6, 8, 9の私用車

  • ステッカー0および00の車両で、ナンバープレートの最終が9と0

  • 検査ステッカーを持たない車両、例えば古い車や新しい車、外国のナンバープレートを持つ車

  • ガスL.P.を運ぶトラックの50%(偶数番号のナンバープレートを持つ車両)

  • 一定の時間帯に、貨物運送用の車両の運転が制限されます。 (参照:El Financielo 2024.02.23 https://x.gd/900dX)

(写真: El Financielo 2024.02.23より)


スケジュールと健康への影響

外出する際には、特に13時から19時の間は屋外での運動を控えることが推奨されているため、注意が必要です。また、大気汚染が非常に深刻であるため、空気の質に関する最新の情報を得るために、関連するアプリケーションやウェブサイトをチェックし続けることが勧められています。

関連する環境問題

この状態は、メキシコシティにおける水不足の問題とも関連しています。水が不足し、気候変動の影響もあいまって、都市のインフラにも問題が生じているとの報道があります。

メキシコシティは、このような状態が続くと、2000万人近くが居住する巨大な都市でありながらも、数ヶ月以内に水がなくなる可能性があると警告されています。


環境緊急事態の終了予測

現時点では、緊急事態の終了時刻が確定していません。当局は状況を監視し、適切な時に更新情報を提供するとされています。したがって、市民は最新の情報を入手し続けることが大切です。

メキシコシティでの環境緊急事態に関する詳細を知りたい場合は、政府発行のプレスリリースや報道機関のウェブサイトを確認してください。また、空気質の更新情報についても、チェックすることを忘れないでください。



閲覧数:91回0件のコメント

Comments


bottom of page