top of page

AMLO大統領の野心的な年金改革提案:選挙の公約か、政治的遺産の確立か?

メキシコのアンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール大統領が最近、退職時に現役時の給与と同額の年金を保証するという画期的な提案を打ち出しました。これはメキシコだけでなく、世界中のどの国にも見られない施策です。しかし、この提案は実現可能なのでしょうか?それとも単なる選挙戦略なのでしょうか?



アカプルコでの毎日の記者会見に出席するメキシコのアンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール大統領


## 現行のメキシコ年金制度

メキシコでは、正規雇用労働者は「アフォーレ」と呼ばれる民間管理の年金基金制度に加入していますが、インフォーマルセクターで働く人々はこの恩恵から大きく取り残されています。正規雇用労働者であっても、受け取れる年金額は最低賃金に満たないケースが多いのが現状です。


## 大統領の提案内容

ロペス・オブラドール大統領の提案は、選挙前の公約として、また彼の政治的遺産を確立するための一環として、非常に野心的なものです。彼はまた、国家警備隊を軍に移管することや、政府の規制・監視機関を廃止することなど、多岐にわたる改革を目指しています。

## 政治的文脈と分析

アナリストによると、これらの提案は次期政権に高い期待を抱かせることで、政治議題を設定しようとする試みである可能性が高いです。また、彼の政党であるモレナ党が議会で憲法改正に必要な3分の2の多数を確保するための戦略でもあります。


## 実現可能性について

しかし、専門家たちはこれらの改革が実現することに懐疑的です。憲法改正には3分の2の賛成が必要であり、ロペス・オブラドール大統領が任期中にこれを達成することは非常に困難だと考えられています。


## まとめ

メキシコ大統領の提案は、国民に希望を与えるものであり、同時に彼自身の政治的なレガシーを築くためのものかもしれません。しかし、その実現性には疑問が残ります。今後数ヶ月間でこの提案がどう展開するかは、メキシコ国内だけでなく国際的にも注目されるテーマとなるでしょう。


AMLO大統領が5日朝の会見にて掲げた改憲案は以下の通り(正確性を欠く場合があります。)_

  • 先住民族やアフロメキシコ人の権利の認識と優先的な対応

  • 高齢者と障害者への年金支給の確認と増額

  • 貧困家庭の学生への奨学金支給

  • 全国民への無料医療の保証

  • 労働者とその家族による住宅所有の保証

  • 違法薬物の取引の禁止。

  • 強制的な搾取の罰則化と、白襟犯罪に対する厳罰化。

  • 最低賃金の年間インフレ率未満への引き上げ禁止。

  • 年金制度の改革、労働者の権利を保護するための基金の創設を予定。

  • 若者が就学できない期間や雇用の機会がない場合、国家は彼らに雇用の機会を提供し、最低賃金相当額を支払う。

  • 果樹や木材を植えるために土地を耕作する農民に対する安定した賃金支給。

  • 18,000キロメートルの鉄道路線の旅客列車への利用、公共企業体または民間企業によるインターネットサービスの提供

  • 電力公社への回帰、家庭消費者と国益のために戦略的な公共企業となります。

  • 選挙キャンペーンと政党への予算削減、地方自治体の議員数の削減。

  • 選挙構造の削減や比例代表候補者の削除。

  • 議会の構成員数の削減や選挙制度の改革。

  • 司法制度の改革が提案されており、裁判官や裁判所の選出方法の変更

閲覧数:40回0件のコメント

Comments


bottom of page