top of page

保証金を少しでも多く返してもらうためのヒント

メキシコに駐在する日本人の皆様、そのお世話をされている人事部の皆様の悩みの一つに「入居時に支払った保証金の返金がない」「明らかに不当な額しか返金されなかった」というものがあるかと思います。


今回は「保証金を1ペソでも多く返金してもらうためのヒント」をお話ししたいと思います。


①そもそも全額返金は期待しない:

ほとんどのオーナーは保証金を不動産業者などへの手数料支払いのために最初の段階で使ってしまっているため、全額返金を期待することは現実的ではありません。オーナーは色々な理由をつけて全額を返そうとしないことがよくあります。ご入居時に支払う保証金の「全額が綺麗に返される」ことはほとんどなく、メキシコで生活するための税金の一部である、というくらいの心づもりが大事です。


②保証金を少しでも多く返してもらうためには

  • まずはオーナーとの普段からのコミュニケーションを大事

  • 特にキッチンとシャワー室は注意が必要

  • 仲介業者に交渉を依頼する

  • 強く言い過ぎない:

まとめ

保証金の返金は簡単なものではありません。契約書や書面に基づいた主張だけでは上手くいかないことがあります。メキシコで快適に退去するためには、バイリンガルで両文化を理解している業者や会社のサポートを受けることが重要です。弊社では保証金の返金交渉や退去のサポートを行っており、お客様の希望に沿った円満な退去をサポートいたします。ぜひご相談ください。




閲覧数:81回0件のコメント

Commentaires


bottom of page