top of page

メキシコの送金が国内消費を支える理由ードル安・ペソ高の影響

送金大国、メキシコ

メキシコは、世界有数の送金大国であり、国内に送金が送られることで外貨が入ってきています。この外貨はメキシコにとって非常に重要であり、国内消費を支える大きな役割を果たしています。本記事では、このメキシコの特徴について詳しく解説し、また、現在のドル安・ペソ高の状況から貧困層の購買力などへの影響にも言及します。


メキシコの送金が国内消費を支える理由

メキシコの送金は、国内にとどまらず、世界中に住むメキシコ人からの送金が行われています。これは、海外で働くメキシコ人が、自分や家族、友人への支援のために送金しているものであり、その金額は年々増加傾向にあります。郷里送金額は584億9,743万600ドルで、年間合計額としては過去最高を記録。2023年5月単月でも、前年同月比11%増の56億9300万ドル(約8200億円)の送金が行われ、メキシコの国内総生産においても重要な位置を占めるようになりました。この送金がもたらす外貨は、メキシコ経済の大きな柱の一つであり、国内消費を支える大きな役割を果たしています。さらに、送金の金額は、貧困層の家計や中小企業の経営にも直接的な影響を与えており、国民経済全体にも影響を与えています。このように、メキシコの送金は、国内だけでなく、世界中に住むメキシコ人にとっての重要な支援手段となっており、メキシコ経済においても見逃せない数値となっています。


ドル安・ペソ高の影響

しかし、2023年現在のドル安・ペソ高の状況により、送金がもたらす経済効果は大きく変化しています。ドル安・ペソ高の状況は、海外からの送金額が減少する原因となっており、これにより、メキシコに住む貧困層の購買力が低下することも懸念されています。また、ペソ高により、輸出産業にとっても不利な状況となっており、メキシコ経済全体にも悪影響を与える可能性があります。


まとめ

メキシコは、世界有数の送金大国であり、国内消費を支える大きな役割を果たしています。しかし、現在のドル安・ペソ高の状況により、送金がもたらす経済効果に変化が生じています。メキシコに住む貧困層の購買力や輸出産業にとっても影響が出ているため、今後の経済状況に注目が必要です。


閲覧数:27回0件のコメント

Comments


bottom of page