top of page

メキシコのバレンタインデーにおける日本人駐在員の心得



こんにちは、皆さん!今日はちょっとした国際感覚を磨くお話をしましょう。

メキシコでのビジネスシーンにおけるバレンタインデーの過ごし方に焦点を当ててみます。日本人駐在員として、どのようにスタッフたちとこの日を共有するのが最適なのか、文化的な視点から考察してみましょう。


まず、メキシコではバレンタインデーは「El Día del Amor y la Amistad」(愛と友情の日)として知られ、恋人だけでなく友達や同僚に対しても感謝の気持ちを表す日です。だからこそ、会社での行動はちょっとした気遣いが求められるんです。


### 1. 小さなプレゼントを用意する

メキシコでは、この日にカードやチョコレート、花などを交換する習慣があります。会社であれば、オフィスのスタッフ全員に小さなプレゼントを用意することが喜ばれます。大げさでなくてもいいので、気持ちを込めたものを選びましょう。


### 2. メッセージカードを添える

プレゼントには、個々に向けたメッセージカードを添えるとよりパーソナルな印象になります。簡単なスペイン語で「Feliz Día del Amor y la Amistad」(愛と友情の日おめでとう)と書き加えると、メキシコのスタッフからも好印象を持ってもらえるでしょう。


### 3. オフィスでの小さなパーティー

可能であれば、ランチタイムや仕事終わりに小さなパーティーを開くのも良いアイデアです。これはチームビルディングにも繋がりますし、お互いの文化を尊重し合う良い機会になります。


### 4. 文化的感度を持って接する

ただし、日本人としてメキシコでビジネスをする際は、バレンタインデーに限らず、その国が大切にしている文化に対するリスペクトを持つことが大切です。相手の文化や習慣を理解し、尊重する姿勢を見せることが日本人上司であるあなたへのリスペクトやコミュニケーションの潤滑さにまで影響します。

無理に自分の価値観を押し付けることなく、柔軟に対応しましょう。


### 5. とはいえ個人差はあります

また、個々のスタッフがどのようにこの日を捉えているかは人それぞれです。一般的な習慣として受け入れられていることでも、全員が同じように感じているわけではありません。そのため、事前に軽く意見を聞いてみたり、無理強いしないよう注意しましょう。

バレンタインデーはメキシコでも特別な日ですが、日本人ビジネスパーソンとしては、相手の文化に敬意を払いつつ、自分らしさも大切にしながらこの日を楽しむことができると良いですね。国際的な理解と感謝の気持ちを持って、素敵な「愛と友情の日」を過ごしましょう!

それでは、Feliz Día del Amor y la Amistad!(愛と友情の日おめでとう)

閲覧数:54回0件のコメント

Comments


bottom of page